飲みやすくて安い人気のスムージーが盛りだくさん!大人から不摂生な若い女子たちの健康ドリンクとしてニーズが高まるグリーンスムージーからグラビアモデルやセレブたちなど話題のレッドスムージーまで美しいカラダになる基本的なからだづくりをはじめませんか?

グリーンスムージーからレッドスムージーまで美味しく飲める人気商品などをご案内中

Contents

スムージーはおしゃれなだけじゃない!栄養満点で美容にも良い女子の味方

新鮮な野菜や果物の栄養がたっぷり摂れるスムージー!!

カラフルでインスタなどのSNS映えもするので女子に人気。スムージーを使ったダイエットも話題です。

新鮮な野菜や果物の栄養がたっぷり摂れるスムージー!!

このサイトではスムージーが持つ栄養素や期待できる効果、美味しいアレンジの方法やダイエット情報などを盛りだくさんでお届けします。

スムージーとは

美味しくてヘルシーなイメージのあるスムージーですが、そもそもスムージーとはどんな飲み物なのでしょうか。
スムージーは「野菜や果物をミキサーにかけた飲み物」のことで、食材を凍らせたり氷を使ったりする場合もあります。
野菜ジュースとスムージーは似ていますが、スムージーは皮や種なども丸ごとミキサーにかけるので、ジュースに比べて食物繊維や素材の栄養素をそのまま摂ることができます。
また市販品の野菜ジュースは加熱処理がされているものが多いため、熱に弱い栄養素を摂取するのが難しくなります。

スムージーダイエットには嬉しい効果がたっぷり

スムージーダイエットというのは朝・昼・晩の3食のうち、1食をスムージーに置き換えるというダイエットです。

スムージーダイエットには嬉しい効果がたっぷり

方法が簡単なうえ、栄養価が高くヘルシーなので女性にはうれしいですね。

ハードな運動を行うダイエットに比べると体重が落ちる速度はゆっくりですが、食事や行動の制限が少ないため続けやすいというメリットがあります。

また、胃腸が空の状態に近い時に固形の食事ではなくスムージーを摂取することにより、内臓にかかる負担を減らし、スムージーに含まれる栄養素を効果的に体内に吸収することができます。

スムージーダイエットの効果について詳しく見ていきましょう。

酵素がたっぷり摂取できる

私たちの体を動かすために欠かすことができないのが酵素です。

体内には食べたものを消化したり分解するための「消化酵素」と、体内に摂り入れたエネルギーを生命活動に使う「代謝酵素」という2つの酵素が存在しています。

体の中に蓄えられている酵素が多いほど代謝が高まり、痩せやすい体質になります。

酵素は年齢とともに減少していくため、食品など体の外から摂り入れる必要があります。

食べ物には「食物酵素」という酵素があり、体内に入ると消化酵素や代謝酵素に変化します。

グリーンスムージーには野菜や果物の食物酵素が豊富に含まれているため、代謝を高める効果が期待できます。

ローフードって結局なに?酵素が良いといわれる理由とは

クロロフィルを効率的に摂取できる

スムージー、特に葉物野菜を使ったグリーンスムージーには、血液中のコレステロールを下げる「クロロフィル」という成分が豊富に含まれています。

血中コレステロールが上がると血管の壁にコレステロールが付着し、血液の流れが悪くなります。
これにより代謝が落ちて太りやすくなったり、動脈硬化などの生活習慣病の原因となります。

コレステロール値のコントロールをしたい人はスムージーでクロロフィルをたっぷり摂るのがおすすめ。

便秘の改善効果

ダイエット中の悩みに多いのが「便秘」

食事制限によって体内の水分が少なくなるため起きることが多いのですが、この便秘解消の強い見方がスムージーなのです。

食物繊維たっぷりのスムージーは水分も同時に摂取できます。

食物繊維は腸の働きを活性化させる作用がありますので、便秘の解消に効果が期待できます。

老廃物を体外に排出しやすくなる

便秘と並んで女性に多いのがむくみのお悩み。。

余分な水分を体にため込んでしまうむくみは、実際の体重以上に太って見えるものです。

むくみ体質は水分や老廃物の排出力が低いために起きることが多いのですが、スムージーの食物繊維や栄養素はデトックス効果も抜群のようです。

体内の老廃物や水分を排出するサポートをしてくれます。

デトックス力が高まり腸内がキレイになると美肌効果や、さらに痩せやすい体質になるなど嬉しい効果も期待できますよ。

妊活中は栄養確保も大変!手軽でコスパが良い方法があるって本当?

スムージーは栄養満点!その成分とは

スムージーは生の野菜や果物をミキサーで攪拌した飲み物。

スムージーは栄養満点!その成分とは

食物に含まれる抗オオやビタミン、ミネラルはもちろん、食物繊維までまるごと摂取できる優れものです。

加熱処理を行わないため、熱に弱い成分も含めて、用いる食材の持つ栄養素を体内に摂り入れることができます。

特に野菜や果物に含まれるポリフェノールやカロテノイド類は、光合成を行う際に紫外線から身を守るために作られる「フィトケミカル」と呼ばれています。

これらは色素や香り、苦みや辛みなどの成分となっています。

具体的な栄養素としてはアントシアニンやβカロテン、リコピンといった成分が当てはまり、抗酸化作用や老化予防、血管の健康を守るために役立ちます。

そのほか調理によって壊れやすい酵素やビタミン類、ミネラルなどもしっかりと摂取できるのがスムージーの魅力です。

また食材を攪拌したスムージーは消化する際に胃腸に負担をかけないため、口に入れた栄養素を効率的に吸収することができます。

スムージーは液体に近いドロっとした食感なので噛まずに飲むことができますが、咀嚼することで唾液が出て消化吸収が良くなりますので、できるだけ噛みながら飲むのがおすすめです。

自分でミキサーを使って作るスムージーなら野菜や果物も自由に組み合わせることができるので、自分の好きなレシピを作ることも可能。

色の異なる野菜や果物を組み合わせることで多彩な栄養素を摂取することができます。

栄養たっぷりでメリットも盛りだくさんなスムージーですが、ひとつ気を付けるべきはカロリーのこと。

食材をたくさん使えばその分だけ摂取カロリーは高くなります。また食材によってはカロリーの高いものもあるので、計算しながら組み合わせるのが良いでしょう。

ダイエットとしてスムージーを用いるなら、1杯分の目安は300kcalほど。

通常の食事であれば700~800kcalを摂取することになるので、スムージーに置き換えるだけで大幅にカロリーを抑えることができますね。

▲ スムージーTOPへ戻る ▲
▼ スムージーの割り方・バリエーションへ ▼

関連ページ >> #スムージー hashtag on Twitter

美味しいスムージーを作ってみよう!レシピと作り方

野菜や果物をミキサーに入れて混ぜるだけのスムージーですが、美味しく作るためにはいくつかの基本的なポイントを押さえておきたいものです。

美味しいスムージーを作ってみよう!レシピと作り方

まずは食材の大きさ。ミキサーやブレンダーの大きさに合わせてカットしてから投入しましょう。

オレンジはビタミンたっぷりで人気の食材ですが、独特の苦みやえぐみが苦手な場合には薄皮を取り除いてもOK。もちろん皮や種ごとブレンドすれば栄養がたっぷりとれます。

またホウレンソウや小松菜などの葉物野菜の根元には泥が残っていることがありますので、綺麗に洗ってから投入しましょう。

スムージーは食材を皮まで丸ごと使うことも多いので、農薬などの化学薬品を使用していない野菜や果物を求めると安心です。

食材を入れる順番を工夫して口当たりを滑らかに

食材を一気にミキサーに詰め込んでしまうと、攪拌しきれないものが出て食感が悪くなります。

材料を入れるときには果汁や水分が多く含まれているものから順に入れていくと滑らかな舌触りのスムージーができますよ。

飲みやすい味の目安は4:6

野菜を多めに入れたスムージーは栄養豊富ですが、野菜独特の風味が強く出てしまいます。

野菜のスムージーに初挑戦という人は、野菜の分量を少なめにして作ると飲みやすくなります。

割合としては、野菜:果物で4:6になるようにするのがおすすめ。

ただしあまり果物が多すぎると糖分が増えますので注意しましょう。

水分の目安量

食材をミキサーに入れたら最後に水分を入れます。

スムージー一杯分につき200mlの水分を入れるのが目安ですが、オレンジやトマトなど水分量の多い食材を使うときは100mlに減らしても構いません。

水分の量が少ないとドロっとした食感に、水分が多いとサラサラとした食感になります。
基本的には水を使いますが、ヨーグルトや牛乳などで味の変化を楽しむのも良いですね。

食材の色が持つ栄養素を利用しよう

それぞれの食材に含まれる栄養素や特性を生かしながら組み合わせを考えてみましょう。

緑の野菜:ケール・ホウレンソウ・セロリ・小松菜

緑黄色野菜が持つ色素の葉緑素(クロロフィル)には抗酸化作用やデトックス作用が期待できます。ポリフェノールや食物繊維も豊富。
ケール…食物繊維・ミネラル・ビタミン
ホウレンソウ…鉄分
セロリ…食物繊維


 

黄色の食材:バナナ・オレンジ・レモン

レモンやバナナなど飲みやすい味を作る黄色の食材。黄色の色素成分はβカロテンで、抗酸化作用からアンチエイジング効果が期待できます。


 

赤い食材:トマト・リンゴ・スイカ・イチゴ

リコピンやアントシアニンなどの赤い色素成分が豊富で、抗酸化作用や血液サラサラ効果が期待できます。トマトやリンゴ、スイカ、イチゴなどは強力な抗酸化作用を持ちます。


 

その他の色の食材:ブルーベリー・アボカド・キウイ

ブルーベリー…アントシアニン・ビタミンA、E、C・食物繊維
アボカド…ビタミンE・食物繊維
キウイ…食物繊維(1個あたりに約2g含有)

それでは栄養たっぷりで美味しいスムージーのレシピをご紹介します。

爽やか野菜のグリーンスムージー

パイナップルやすももの甘酸っぱさとレモンの酸味が爽やかですっきりした飲み口のグリーンスムージーです。

材料
パセリ……1パック
すもも……2個
レモン……1個
パイナップル…1/6個
水………100ml

ホウレンソウのスイーツスムージー

ホウレンソウはβカロテン、ビタミン、葉酸、鉄分、カルシウムにマグネシウムなど豊富な栄養素を含む野菜。

鉄分はビタミンCと一緒に摂取することで吸収率が上がります。

桃は完熟のものを使うと甘みとトロミがアップ。おやつ代わりにもおすすめです。

材料
ホウレンソウ…1~2株
桃………1/2個
みかん…1/2個
キウイ…1/2個
水………100ml

小松菜と黒ゴマのスムージー

小松菜に含まれるカルシウムはホウレンソウの3倍!βカロテンやビタミンC、カリウムなどの栄養素も豊富です。

また味に癖が少なく飲みやすいのも特徴。

黒ゴマは抗酸化作用を持つビタミンEが豊富に含まれます。

材料
小松菜…1~2束
レタス…葉1枚
パセリ…1枝(5g)
パプリカ…1/4個
黒ゴマ…小さじ1
水………180ml

りんごとバナナのグリーンスムージー

りんごとバナナの甘みが野菜の青臭さを抑え、飲みやすい味わいの定番スムージーです。

バナナにはカリウムたっぷり。またバナナに含まれる糖質はエネルギーに変換されるため朝食にもぴったりです。

バナナの皮と身のあいだにある白いスジに抗酸化作用を持つ成分がたっぷり含まれていますので、スジをきれいに摂りすぎないようにしましょう。

材料
バナナ…1/2本
リンゴ…1/4個
チンゲン菜…1/2株
水………200ml

赤いリンゴの抗酸化フルーツスムージー

赤いフルーツを使った抗酸化パワーたっぷりのスムージーです。ビタミンCも豊富なので免疫力アップや疲労回復効果が期待できます。

スイカに含まれるシトルリンには血行促進効果や代謝促進効果あります。

材料
イチゴ…3個
リンゴ…1/4個
スイカ…50g
オレンジ…1個

アボカドとキウイのグリーンスムージー

美容効果抜群のホウレンソウ、アボカド、キウイを使ったグリーンスムージー。
クセのない味で飲みやすいですよ。

材料
アボカド…1/4個
キウイ……1/2個
ホウレンソウ…1~2束
バナナ……1/2本

キウイと水菜のグリーンスムージー

青臭さが苦手な人でも飲みやすいグリーンスムージーです。

材料
水菜……1束
キウイ…1個
オレンジ…2個
バナナ…1本
水………200ml

チアシード入りスムージー

満足感を高めたい人はスムージーにチアシードをプラスするのがおすすめです。

チアシードには食物繊維やアミノ酸、カルシウムにマグネシウムといった栄養素がたっぷり。

さらにチアシードに含まれる「オメガ3脂肪酸」には血液中の脂質濃度を下げる効果もあります。

チアシードをスムージーに加える場合には、事前に10分ほどチアシードを水に浸してふやかしておきましょう。

野菜や果物をミキサーにかけ、ドロドロになった状態のところにチアシードを混ぜて飲みます。

40度以上のお湯を使うとチアシードの栄養分が失われてしまいますので、必ず水を使ってくださいね

スムージーを作ったらすぐに飲む!

毎日ミキサーを使って作るのは面倒ですよね。

だからといって大量に作りおきするのはNG。スムージーを作ったらすぐに飲み切りましょう。

スムージーには生の食品に含まれる栄養素や酵素がたっぷり。ですが時間が経つと酸化して栄養素が減少してしまいます。

毎朝スムージーを自作することが難しいという人は、市販のスムージーを活用してみるのもよいかもしれません。

▲ 美味しいスムージーレシピや作り方へ ▲
▼ 朝・朝食スムージーを飲むへ ▼

関連ページ >> スムージーの作り方・基本編 | どーがレージ

スムージーの割り方で味にバリエーションを持たせる

市販のグリーンスムージーは栄養たっぷりでヘルシーなのに飲みやすい!

スムージーの割り方で味にバリエーションを持たせる

しかも粉末状で液体に溶かすだけだから準備も後片付けも簡単です。

そんな市販の粉末スムージー、飲み方を変えるとバリエーションができて飽きずに毎日続けることができますよ。

ここではおすすめの割り方をご紹介します。

商品の味をシンプルに味わうなら水で割るのがおすすめです。
市販のスムージー商品はフルーツ風味の味つけが多いのでさっぱりと飲めますね。

炭酸水

水と同様カロリーがありませんが炭酸が入っていますので満足感がアップします。シュワシュワとした食感がクセになりそう。

牛乳

比較的どのスムージーとも相性が良いのが牛乳です。
スムージーの風味がミルキーでマイルドになり、さらに飲みやすくなります。
牛乳で割るときには粉末を少なめにしてさらっとした舌ざわりに仕上げるのがおすすめです。

豆乳

牛乳よりもカロリーを抑えたい人には豆乳割りがおすすめ。

豆乳独特の風味がスムージーと合わせることで抑えられるため、豆乳が苦手な人でも美味しく飲めます。

また豆乳には女性ホルモンの働きを助ける大豆イソフラボンがたっぷり含まれています。

オレンジジュース

特にベリー系風味のスムージーとの相性が良い割り方です。

一方、抹茶風味との相性は残念ながらいまいち。ベリー系のスムージーをオレンジジュースで割ると、フルーティーさが増して美味しく飲めます。

牛乳と同様、スムージーの粉末を少なめにしてさらっとした飲み口に仕上げるのがおすすめです。

ヨーグルト

ヨーグルトにフルーツソースをかけて食べると美味しいですよね。
フルーツソースの代わりに粉末スムージーをヨーグルトに混ぜるのもおすすめです。

スムージーの粉末の味とヨーグルトの味が程よく混ざり合い、カロリーを抑えながら美味しく食べられますよ。

食感がしっかりとあるので食事に満足感をプラスすることもできます。

さらにもう少ししっかり食べたい…という人は、バナナを入れてもよいでしょう。

バナナは食物繊維が豊富な上、エネルギーになりやすい栄養素をたっぷり含んでいます。

朝食に食べれば頭と体を目覚めさせて快調な1日のスタートを切ることができますよ。

パンケーキ

どうしても固形のものが食べたい!という時にはパンケーキのもとに混ぜるのもよいでしょう。

市販のパンケーキミックスに混ぜて焼くだけで簡単、さらにほんのり甘みがあるので生クリームやシロップを大量にかける必要がなくヘルシーです。

食事やおやつなど応用しやすいのもうれしいですね。

冷え性対策には温めたホットスムージー

美容や健康など女性にとって魅力的な効果がいっぱいのスムージー。

冷え性対策には温めたホットスムージー

ただし生の野菜や果物をジュースにするため、体を冷やしたくない人には気になりますよね。

特に冷え性体質の人は冬に冷たいスムージーを飲むのがつらい人もいるかもしれません。
そこでおすすめしたいのが、ホットスムージー。

温かい飲み物を飲むことで内臓を温めることができ、胃腸の動きや代謝を整える作用が期待できます。

体温が1度上がるとエネルギー代謝が15%アップすると言われております!

冷え対策になるうえ、ダイエットのサポート効果や免疫力アップにも役立ちますね。

野菜や果物の酵素は48度以上の熱を加えると失われてしまいますが、熱を加えた瞬間にすぐに死滅するわけではありません。

そこでホットスムージーを作ったらすぐに飲むのがおすすめです。

熱湯を使うのに抵抗がある場合には48度程度までお湯を冷ましてからスムージーを混ぜるとよいでしょう。

スムージーとお酒は以外と合うって本当?

ヘルシーなダイエットアイテムとして人気のスムージーですが、実はお酒とも相性が良いってご存知ですか?

スムージーとお酒は以外と合うって本当?

野菜や果物のカラフルな色合いにお酒を加えたスムージーカクテルが、いま若い女性のあいだで話題。美味しいうえにインスタやSNS映えするため、おしゃれでかわいいと評判になっています。

ひとつだけ気になるのがカロリー。お酒はカロリーが高いイメージがありますが、スムージーカクテルはどうなのでしょうか。

実はアルコール自体は直接脂肪にはなりません。ただしリキュールやスムージーに含まれる糖質が多い場合には太る原因を作ってしまいますので注意しましょう。

アルコールにはストレスの発散効果や血行促進効果があります。

また睡眠導入のサポート効果もありますので、少量であればメリットも大きいのです。

もちろん飲みすぎは体に良くありませんが、たまには気分転換としてスムージーにアルコールをプラスして楽しむのも良いかもしれませんね。

▲ スムージーの割り方・バリエーションへ ▲
▼ スムージーダイエットで夜の置き換えへ ▼

関連ページ >> ヘルシーミルクの3色スムージー|いただきます、日本のごちそう。

朝スムージーを飲むのは美容に悪い?

「朝食にはスムージー」というのはおしゃれな女子の定番。

朝スムージーを飲むのは美容に悪い?

何かと忙しい朝には手軽に作れて健康にも美容にも良いスムージーは朝食にぴったり。カロリーも抑えられますのでダイエットとしてのメリットも多いのです。

1日の活力となる朝食をしっかり摂ることができ、食物繊維や酵素をたっぷりせえっしゅできるため体内の環境も整います。

ただし朝食にスムージーを取ると老化が進んでしまうという説も..一体どういうことなのでしょうか。

朝食にスムージーを摂取するデメリットは、目覚めたばかりの体を冷やしてしまうこと。

体が冷えると代謝が落ちてしまうため、せっかく美容と健康のために飲んだスムージーが逆効果になってしまうのです。

スムージーを朝食に摂ることは悪いことではありません。しかし、体への効果を高めるためにはちょっとした工夫を加えることが必要です。

まず、朝食に限らず、スムージーは常温に近い温度で飲むこと。

朝食に摂る場合には、スムージー「だけ」ではなく、食事の中の一品としてスムージーを加えるようにしましょう。

どうしても朝ご飯はスムージーだけ、という場合におすすめなのが、「リンゴ・ショウガ・ニンジン・ハチミツ」のホットスムージー。

リンゴは半分をミキサーに入れ、残りの半分は刻んでスムージーが完成したらトッピングします。刻んだリンゴを噛むことで食感もアップしますよ。

▲ 朝・朝食スムージーを飲むへ ▲
▼ おすすめの低カロリースムージーへ ▼

関連ページ >> オリジナルスムージー作ってみませんか? - JAあまくさ

スムージーダイエットをするなら夜の置き換えがおすすめ

一日のうち1食をスムージーに置き換えるスムージーダイエット。

スムージーダイエットをするなら夜の置き換えがおすすめ

夜にスムージーを飲むメリットやデメリットは何なのでしょうか。
メリットとしては次のような点が挙げられます。

夜にカロリー摂取を抑えると痩せやすい

朝や昼に比べると、夜は活動が少なくなるのでカロリー消費も低下します。

したがって夜にカロリーの高い食事をするとそれだけ脂肪として蓄えられやすくなります。

また、夕食後数時間で就寝となる人も多いため空腹に悩まされることが少ないのもメリットです。

夕食をスムージーに置き換えると、カロリー摂取を抑えることができます。しかも消化や吸収もよくなるため、胃腸にかかる負担も少なくなります。

胃腸がすっきりした状態で就寝することができると睡眠の質も高くなり、翌朝の目覚めもよくなります。

時間をかけてゆっくり味わうことができる

出勤前や勤務中の休憩時間とは異なり、夜はゆっくり食事の時間がとれるという人も多いことでしょう。

ヘルシーなスムージーをじっくり時間をかけて味わうことで満足度も高まります。

一方、デメリットとしては、一日の食事のうち、もっとも夕食を楽しみにしている人にとってはスムージーだけの夕食は物足りない可能性があること。

また夕食を外食で摂ることが多い人も、夜にスムージーを飲むのは難しいかもしれません。

ライフスタイルに合わせて無理なくスムージーを取り入れていきたいですね。

コンビニスムージーはクオリティが高い

高まるスムージー人気を受けて、コンビニ各社からもオリジナルブランドのスムージーが発売されています。

コンビニスムージーはクオリティが高い

野菜不足を感じたときやダイエット中の間食として、コンビニに立ち寄ればすぐに飲めるのがコンビニスムージーのいいところ。

それぞれのコンビニが趣向を凝らし、飲みやすく美味しいスムージーが沢山出回っています。
コンビニのオリジナルスムージーにはどんな特徴があるのでしょうか。

飲みやすい口当たり

なんといっても飲みやすいのがコンビニスムージーの大きな特徴のひとつ。
葉物野菜が持つ独特の苦みやにおいを抑え、フルーティでまろやかな口当たりを重視して製造されています。

各社で独自のレシピを展開している

スムージーで用いられる食材もそれぞれのコンビニによって異なります。
味も変化に富んでいますので、コンビニスムージーの飲み比べも楽しいですね。

チルド管理されている

コンビニ各社のスムージーは缶や紙パックで製造されたものとは異なり、製造から流通および販売まで、0度前後に温度管理された状態で加工されているものが多いのです。

賞味期限が短いのがネックですが、鮮度や風味を損なわずそのまま味わえるため、自宅で手作りするスムージーに近いフレッシュ感を楽しめます。

美味しさに定評のあるコンビニのスムージーですが、毎日飲み続けたりスムージーダイエットとして用いるのには向いているのでしょうか。

味わいを重視して開発されたコンビニスムージーには、糖分が多く含まれています。

ダイエットをするなら当然糖質の摂取量も意識しなければいけません。

コンビニのスムージーでスムージーダイエットをすると糖質を取りすぎる可能性があり、毎日飲み続けても本来のダイエット効果を期待することができません。

粉末タイプのスムージーはメリットがたくさん

スムージーダイエットにも対応できるように作られた健康食品の青汁。

粉末タイプのスムージーはメリットがたくさん

多くの製品は粉末タイプで作られています。
粉末青汁はメリットがいっぱい。具体的に見てみましょう。

作るのが簡単

粉末青汁を作るための手順は次の通りです。

1.シェイカーにスムージーの粉末と水を入れる
2.振って混ぜる

たったこれだけです。

ミキサーや包丁も必要なし。準備や後片付けも簡単です。
朝に時間のない人にとってはこのシンプルな手順は嬉しいですよね。

安い

毎日野菜や果物を一定量使うスムージー。自分で作るとなると毎日の食材を買わなければいけません。

また、皮まで生で使うため、無農薬など製法や産地にもこだわりたいですよね。そうなると食材にかかる費用がどんどんかさんでしまいます。

粉末スムージーなら厳選された安全な素材を徹底した品質管理のもと製造された商品が安く手に入りますから1食分にかかるコストを抑えることができます。

低カロリー

自家製でスムージーを作る場合、飲みやすい味を追求しようとするとどうしても糖分が増え、カロリーも高くなります。

また多くの栄養素を取るためにはそれだけ食材を沢山使う必要がありますから、これもカロリーが高くなる要因。

粉末のスムージーは豊富な食材をふんだんに使い、高い栄養価を持ちながら同時に摂取カロリーを抑えられるように計算されています。

タイプ別おすすめのスムージーを知りたい!

スムージー商品は素材や製造方法などを含め、多くの会社からたくさんの製品が販売されています。
正直なところどの商品を選んだらよいのか迷ってしまいますよね。

そこで希望の目的や商品のタイプによっておすすめのスムージー商品をピックアップしてみました。

お気に入りのスムージー選びの参考にしてくださいね。

シャーベットとスムージーの違いってなに?それぞれの特徴とは

低カロリーにこだわりたいあなたにおすすめのスムージー

生酵素スムージー

たっぷりの栄養素が含まれていてもカロリーは絶対に抑えたい!
ダイエット中の女性のそんな声に応えるのが「生酵素スムージー」です。

生酵素スムージーのカロリーはわずか22.9kcal

生酵素スムージーのカロリーはわずか22.9kcal。

さらにダイエットに必要な代謝を高めるための酵素が生のままたっぷり摂取できます。

酵素は私たちの体にも存在している成分ですが、年齢とともにどんどん失われて行く上、体内で生産できる量も限られています。

そこで酵素を補うためには食べ物に含まれる食物酵素から摂取するのが大事。

ただし酵素は熱に弱く、調理の過程でほとんど失われてしまうのです。
そんな酵素をしっかり摂取できるのが生酵素スムージー。

抹茶やアサイー、グリーンスムージーなど多彩な味と成分から選ぶことができますが、中でも今人気が高いのがレッドスムージーです。

トマトを中心としてリンゴやイチゴ、いちじくなど赤い食材の栄養をぎゅっと凝縮。さらに222種類の酵素を配合し、プラセンタなどの美容成分もたっぷり入っています。

とろみのある食感で満足感を得やすく、食欲のコントロールがしやすいのも特徴です。

ファスティングにおすすめのスムージー

ピタヤと青汁のグラマラススムージー

ダイエットはただ痩せればいいというものではありません。

ピタヤと青汁のグラマラススムージーはダイエット成功率が高い

細いだけの体は魅力的とは言えません。筋肉と脂肪のバランスが取れた女性らしい体つきが理想です。

体重を落としながらメリハリのあるグラマラスボディになれたら言うことはありませんよね。

そんな願いをかなえるためのスムージーが「ピタヤと青汁のグラマラススムージー」です。

このスムージーの特徴はピタヤとアグアヘという南国のフルーツが含まれていること。

別名ドラゴンフルーツと呼ばれるピタヤには食物繊維やカリウムがたっぷり。

体の代謝をアップし、巡り力を高める効果が期待できます。

そして中南米原産のアグアヘは、現地では日常的に食べられているフルーツ。

女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲンを豊富に含んでいますので、女性らしい柔らかなボディラインを作ることをサポートしてくれます。

そのほかにも大麦若葉やケール、明日葉など青汁の黄金野菜も配合。ビタミンやミネラルをふんだんに摂取することができます。

ファスティングは一定期間固形食を摂取しないため、げっそりしてしまいがち。

ピタヤと青汁のグラマラススムージーで魅力的なボディを手に入れませんか。

お値段は安いのに贅沢な成分が配合されているスムージー

るんるん美人のナチュラルスムージー

健康のために毎日飲み続けたいスムージー。

でもお財布がちょっと苦しい…という人にぜひ試してほしいのが「るんるん美人のナチュラルスムージー」です。

るんるん美人のナチュラルスムージーはかなりお買い得!

他の粉末スムージーと比べてみると驚きの安さ!

通常価格なんと1,480円で、公式サイトから定期購入するとさらに10%割引になります。

しかも「安い=低品質」ではなく、濃厚なスムージーの成分がしっかり配合されているのも高ポイント。

200種類以上の栄養素を摂取することができるうえ、サイリウムとグルコマンナンの効果で満腹感が長持ちします。

健康食品は長く続けることで結果が出るもの。それだけに優しいお値段設定のスムージーは嬉しいですね。

初心者にも飲みやすいスムージー

7days(セブンデイズ)カラースムージー

スムージーを試してみたいけれど緑色の苦い野菜を飲むのはイヤ、という人におすすめするのは「7days(セブンデイズ)カラースムージー」

セブンデイズカラースムージーで健康志向に

摂取カロリーを消費カロリーよりも減らすことがダイエットの鉄則です。ただし毎日同じ栄養素ばかり摂取していては栄養バランスが偏りがち。

7days(セブンデイズ)カラースムージーは、曜日によって白、赤、緑、オレンジ、紫色、黄色と色別されたスムージー。

それぞれの色の野菜や果物の栄養素を、日替わりでたっぷり摂ることができます。

気になるお味は白色が白桃アロエ、赤色はアセロラリンゴ、緑はミックスベジタブル、オレンジ色はマンゴーオレンジ、紫色はアサイーベリー、黄色はジンジャーレモンと風味豊かなラインナップ。

どれも美味しくて飲みやすいので、毎日のスムージータイムが楽しみになりますね。

ダイエットに必要なビタミンやミネラルも豊富に配合され、さらに代謝を高める酵素が203種類も含まれています。

▲ スムージーTOPへ戻るTOPへ戻る ▲

サイトマップ


投稿日:

Copyright© スムテナシ , 2018 AllRights Reserved.