スムージーを手軽に入手したいなら、コンビニがおすすめです。各コンビニでオリジナルのスムージーが販売されています。味や値段、カロリーは違いがあり、セブン-イレブン、ローソン、FamilyMartの3つのコンビニが販売しているグリーンスムージーを、成分やカロリー、味について比較してみました。

コンビニで手軽に入手できるグリーンスムージーを比較してみた!

ダイエットや美容に敏感な一部の人が飲み始めたスムージーは、今や定番の飲み物として定着してきました。

ネット通販やドラッグストアで購入したり、自作をして飲んでいる人も多いですが、より手軽に入手したいなら、コンビニを利用するのがおすすめです。

各コンビニでオリジナルなスムージーを販売していて、外出先で簡単に飲めるようになりました。

各商品は味やカロリー、値段はそれぞれに違いがあり、個性豊か。

コンビニスムージーの比較をしてみたいと思います。

セブン-イレブン 「SMOOTHIEグリーン」 190g 198円(税込)

15種類の野菜(小松菜、ケール、ほうれん草、キャベツ、はくさい、レタス、パセリ、なす、かぼちゃ、アスパラガス、セロリ、ニンジン、だいこん、ビート)と6種類の果実(リンゴ、バナナ、パイン、マンゴー、レモン、キウイ)が配合されています。

カロリーは84kcal。

野菜独特のえぐみがなく、飲みやすい味をしているのが長所。

フルーツとのバランスが良く、野菜の苦味もなく、ほんのりとした甘さを感じます。

ドロッと感が少なくさらっとしていてゴクゴクと飲め、スムージー独特のとろみが苦手な人におすすめです。

ただ、少し酸味があるので、気になる人がいるかもしれません。

セブン-イレブンでは、他にも「バナナミルク」、「3種のベリー」のスムージーが販売されています。

飲みやすさに定評があるので、スムージー初心者におすすめです。

ローソン 「NL グリーンスムージーOneDay」 200g  198円(税込)

2018年4月10日に発売された、1日分の野菜350gを使用したグリーンスムージーです。

11種類の野菜(ケール、さつまいも、にんじん、こまつな、セロリ、パセリ、クレソン、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、みつば)、4種類の果実(りんご、バナナ、キウイフルーツ、レモン)が配合されています。

カロリーは110kcalと、少し高め。

濃厚タイプのスムージーで、しっかりと野菜を摂りたいという人に人気となっています。

野菜をそのままミキサーにかけたような独特な食感で、好き嫌いが分かれるかもしれません。

他にも 178円(税込) と安い「NL グリーンスムージー」、カロリーカットした「NL グリーンスムージー Off & Plus」が販売されています。

FamilyMart 「サラダスムージー」 230ml 198円(税込)

2018年5月15日に発売された商品です。

使用されている野菜と果実はなんと35種類。

(ケール、さつまいも、にんじん、きゅうり、レッドビート、イエロービート、フェンネル、たまねぎ、アイスバーグレタス、だいこん、はつかだいこん、チンゲンサイ、ブロッコリー、キャベツ、チャード、スイスチャード、ニラネギ、グリーンリーフレタス、サニーレタス、カラシナ、わけぎ、ルッコラ、ロメインレタス、コリアンダー、コラード、ほうれんそう、ラシネートケール、レッドケール、ディル、パセリ、カリフラワー、タンポポ、りんご、マンゴー、レモン)

1本あたり7.92gの食物繊維が配合されており、これ1本で必要な食物繊維を摂取できます。

また、「サンファイバー」という水溶性の食物繊維が配合されていて、腸内環境を整えてくれる効果も期待できます。

フルーティーな味わいでほんのり甘さがあり、飲みやすさも○。

カロリーは94kcalと、配合成分から考えると低めになっています。

特に便秘がちな女性におすすめなスムージーです。


投稿日:

Copyright© スムテナシ , 2018 AllRights Reserved.