シャーベットとスムージーの違いってなに?それぞれの特徴とは

投稿日:2018年5月16日 更新日:

シャーベットは果汁などを凍らせたもので、シロップなどが使われることがあります。

シャーベットとスムージーの違いってなに?それぞれの特徴とは

スムージーは材料自体を凍らせてミキサーで作るのが一般的です。グリーンスムージーなどの登場でイメージが変わった部分もあるため違いを知っておくとプラスになります。

シャーベットは果汁やシロップを凍らせて作った、冷たいデザートの代表的な存在です。

夏場にシャーベットが恋しくなる人も多く、様々なアレンジを楽しむ人もいます。よく似た存在としてスムージーがありますが、スムージーの場合は果物などを凍らせて丸ごと使うのが特徴となっています。

※参考サイト 夏に人気の冷たいスイーツランキング

シャーベットは果汁やシロップを凍らせて作る

シャーベットは果汁やシロップ、果肉が入ったピューレなどを凍らせて作るデザートの一つです。

シャーベットは果汁やシロップを凍らせて作る

喫茶店などで定番メニューになっていることも多く、様々なデザートと組み合わせて出されることもあります。

乳脂肪が一定量を越えるとアイスクリームとなり、混ぜるものによって名称が変わるのも特徴です。

シャーベットは国によって呼び方が異なるのも特徴です。フランスやイギリスではソルベと言われ、日本にはアメリカ経由でシャーベットという名前が定着しました。国によってはシャーベットの名前ではじけるキャンディーなどが売られていることもあり、経由する地域などによって差ができているのです。

自分でシャーベットを作る人も意外と多い

国によってシャーベットの定義は違うものの、日本ではそれほど厳密でないのが基本です。外国発祥のレストランなどの場合はソルベの方が高級品であることが一般的ですが、日本の場合はお店やメーカーの自主性の方が重要になります。

お菓子メーカーが独自のシャーベットを作るだけでなく、個人で作ってしまう人も珍しくないのです。

シャーベットはどこまで食感にこだわるかで作り方が大きく異なります。ただ冷凍庫に入れて固め手も作れますが、食感にこだわるのであればこまめに拡販するなど工夫が必要になるからです。

一度凍らせてからミキサーに入れて砕く人も存在し、スムージーとの違いがわからなくなる人が生まれる原因にもなっています。

※参考サイト みんなの推薦 シャーベット レシピ 180品

丸ごと凍らせた果実を使うのがスムージー

シャーベットとよく似た存在がスムージーです。スムージーの特徴は丸ごと凍らせた果実などを使い、ジューサーで液状に変えて飲むのが特徴です。

丸ごと凍らせた果実を使うのがスムージー

また、生野菜やナッツなどを使ったグリーンスムージーやダイエットスムージーなど、健康飲料が存在するため、タダスムージーといってもなにをさすのかわからなくなってしまうことがあります。

ポイントになるのが、シャーベットもミキサーで混ぜてしまえばスムージーと見た目や中身の違いがわからなくなる場合があることです。

特にフルートピューレを使ったシャーベットをミキサーに変えると、スムージーとほぼ味が変わらないものができる場合があります。細かい分類にこだわるよりも、自分で楽しみたいように楽しむのも方法なのです。

粉末で楽しめるスムージーも存在する

グリーンスムージーは丸ごと野菜や果物を使うため、非常に栄養価が高いのが特徴になっています。日ごろの野菜や果物の不足を補うために積極的に飲む人もいます。

グリーンスムージーは丸ごと野菜や果物を使う

ミキサーの利用や凍らせる手間が面倒な場合は粉末タイプのスムージーを利用し、より気軽に飲めるようにするのも方法です。

粉末タイプのスムージーはグリーンスムージーなど、健康補助を目的としたスムージーがベースになっていることがほとんどです。

保存性が高く、コストパフォーマンスが高いことから人気になっていて、水などに溶かして簡単に利用できるのがポイントになります。また、水に溶かして凍らせ、シャーベット上にするなどアレンジすることも可能なのです。

-コラム

Copyright© スムテナシ , 2018 AllRights Reserved.