妊活中は何かと気を使うことが多く、食事の用意がおろそかになってしまうこともあります。サプリメントで補う方法もありますが、中には妊娠中の摂取を控えた方が良いものもあります。スムージーなど、より自然に近い食品で栄養を補えば不安解消に役立ちます。

妊活中は栄養確保も大変!手軽でコスパが良い方法があるって本当?

投稿日:2018年5月16日 更新日:

妊活中は妊娠のために体作りも大切で、食事にも気を使う人が増えます。
一方で、やることが多すぎて食事に手が回らない人も出るのが現実で、個人差が出やすいのが特徴となっています。

妊活中は栄養確保も大変!手軽でコスパが良い方法があるって本当?

サプリメントで栄養を補うのがもっとも手軽ですが、種類によっては胎児に悪影響を与えることもあるため、注意が必要なのです。

妊活中でも急に食事を変えるのは難しい

妊活中は妊娠に備えてしっかりと体力をつける必要があります。栄養バランスを見直し、睡眠時間を確保するなどなるべくストレスをかけない状況を作った方が良いのです。ただし、経済的な余裕や仕事の都合も関係しているため、全てにおいて完璧を目指すのは難しくなっています。

食事は特に気を使いたい部分ですが、料理が苦手な人もいます。栄養成分が覚えきれない場合や管理が難しいなど個性がやすいため、急に食事を変えるのは難しい場合が多いのです。

大切なのは気を付けられる範囲で整えていくことです。料理が苦手であれば栄養バランスが良いお惣菜を冷凍でストックしておくなど工夫をするのがおすすめです。

妊活中はサプリメントの利用にも注意が必要

妊活中の場合は、サプリメントをあまり利用しない方がいいケースがあります。これは子宮の活動に影響を与えるものや、赤ちゃんが出来た際に栄養が過剰に流れ込んでしまうものがあるからです。

妊活中はサプリメントの利用にも注意が必要

普段からサプリメントを飲んでいる場合は、妊活中や妊娠中に利用出きるものかチェックすることが重要です。

妊活中や妊娠中の利用が好ましいサプリもあります。葉酸サプリはその代表で、プレママのための葉酸添加の食品なども販売されています。

人によって不足しがちな栄養素は異なるため、普段の食事のバランスとあわせてチェックするのがポイントになってきます。妊娠中は鉄分やたんぱく質、カルシウムが不足しがちになるなど、必要な栄養が多いのです。

妊活をするなら生理の状況もチェックする

妊活をするのであれば、生理の状況をチェックすることも大切です。出血が少なすぎる場合は血液の粘り気が強く、老廃物の排出がうまく進んでいない可能性があります。

妊活をするなら生理の状況もチェックする

一度婦人科でチェックしてもらうのも方法で、妊娠しやすい体を作るための基本になっているのです。

食生活が生理に与える影響は大きいことも覚えておく必要があります。特に生理中はたんぱく質や鉄分を積極的にとる必要があります。出血で血液が不足すればそれだけ生理の影響が大きくなり、貧血の可能性も出てきます。

生理になってからではなく、なる前の食事が妊娠や排卵に影響を与えることを考え、肉や野菜などをバランスよく食べた方が良いのです。

スムージーで栄養を整えるのはおすすめ

サプリメントの利用に制限がかかると、妊活中の栄養補助の方法に迷ってしまうことがあります。おすすめなのがスムージーの利用で、野菜や果物をバランスよくとることが出きます。各種ビタミンやミネラルなど、普段不足しがちな栄養を補給することが出きるのです。

スムージーを自宅で作る方法もありますが、材料を用意するのは意外と手間です。おすすめなのが粉末タイプのスムージーの利用で、水や牛乳などに溶かせば簡単に作ることが出きます。

コストパフォーマンスが高いものが多いのも特徴で、経済的な負担も小さくなっています。妊活は長い目で見た方がよいからこそ、続けられるものを選んだ方がよいのです。

-コラム

Copyright© スムテナシ , 2018 AllRights Reserved.